ご飯が進む味わいと色彩|オクラと卵と鶏の3色そぼろ丼

本日はオクラと卵と鶏の3色そぼろ丼のレシピをご紹介します。ご飯との相性が抜群で子どもから大人まで喜んで食べていただける一品です。オクラと卵、鶏肉がもたらす3色の色彩が鮮やかで、味だけでなく視覚的にも楽しんでいただけること間違いなしです。

暑い日が続き食欲が落ちている方も多いかと思いますが、オクラのパワーで暑さを吹き飛ばしていきましょう!!

ポイント

今回は電子レンジを使ってオクラを加熱することにより、家事や育児、仕事で忙しい女性のために少しでも時短できる要素を盛り込んでいます。時間がある方はオクラを塩もみしてから下茹でするとより一層おいしくなります。

材料(3,4人前)

  • 鶏ひき肉 200g
  • オクラ 7個
  • 卵 2個
  • サラダ油 適量
  • ★味噌 大さじ2
  • ★みりん 大さじ1.5
  • ★片栗粉 小さじ2
  • ★豆板醤 大さじ1
  • ★おろししょうが 小さじ1

作り方

手順1
オクラを電子レンジで40秒(500W)ほど加熱します。加熱後のオクラのガクを取り、ひと口大にカットします。

手順2
サラダ油をひいたフライパンが温まったら卵を入れ、炒り卵を作ります。できあがったら炒り卵は器に移しておきます。

手順3
サラダ油をひいたフライパンが温まったら鶏ひき肉と★を混ぜ合わせたものを入れ、炒めていきます。肉に火が通ってきたら【手順1】のオクラを入れてさらに炒めれば調理完了!

熱々のご飯の上に、【手順2】の炒り卵と炒め終えた【手順3】をバランス良く盛り付ければ見た目も綺麗な鶏そぼろ丼の完成です!!

オクラの栄養価と効果

オクラの特徴であるネバネバは、ペクチンやムチンといった成分が影響しているといわれています。ペクチンは腸内の有害物質を吸収して排泄させる作用があり、便秘や大腸がんの予防が期待できます。ムチンは山芋や納豆にも含まれている成分で、胃の粘膜をうるおし保護する働きがあり、胃炎の予防や改善に効果があるといわれています。

オクラはその他にもβ-カロテンやカルシウム、ビタミンB1、ビタミンC、葉酸などを含む栄養満点な緑黄色野菜です。

オクラの選び方

  • ヘタや切り口が黒ずんでいないもの
  • やわらかい産毛がびっしりと生えているもの
  • 角が筋張っていないもの

オクラの保存方法

板ずりして産毛を取り、冷凍庫で保存することにより長期保存が可能です。冷凍しない場合は早めに使い切りましょう。

まとめ

今回はヘルシーに仕上げたかったので鶏ひき肉を使用しましたが、豚ひき肉を代用することでコクが一段と増しますので興味がある方はぜひともお試しください!